スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Parallels Desktop 6 for Mac導入へ 2011年09月01日 Apple トラックバック:0コメント:0

PCからMacへ移行して早数ヶ月。
もうWindowsの必要性もそれ程感じなくなってきましたが、ここに来て若干必要になってきました。
何故必要になったかは割愛するとして、当初はBootCampのみで使おうと思っていましたが、せっかくなので
仮想化ソフトを導入しようと決意しました。

選んだソフトはタイトルの通り「Parallels Desktop 6 for Mac」。
現在のMacの仮想化ソフトはこの「Parallels Desktop」と「VMware Fusion」のツートップ。
どちらも一長一短があり、いろいろなサイトのレビューなどを読んだりして、最終的には自分にとって
使いやすそうな「Parallels Desktop 6 for Mac」にしました。

さらに決め手になったのはLionに対応済みである事。
「VMware Fusion」の方もLion対応にはなっていますが、完全な状態ではないみたい!?
加えてParallelsはニューバージョンの7も発表されたみたいで、今6を購入すると無償アップデート権が
ついてきます。
こういうのも意外と有り難いですね。


iMacのデュアルディスプレイ化を考えてからは一方をMac OS、もう一方をWindowsを仮想化で・・・
そんな贅沢な環境を妄想していたのですが、現実になりそうです。

ちなみに購入したのはダウンロード版。
Parallelsの公式サイト で会員登録をすれば500Pが貰えるので8,500円→8,000円で購入できます。
手持ちのWindowsがもうないのでDSP版のHome Premium 64bitも購入。
さらについでと言っては何ですが、4GB2枚のメモリも・・・

iMacがどんどん豪華仕様になってきていますが、宝の持ち腐れにならないように使い倒したいと思います。
実際の導入は週末になりそうなので、レビューは後日で^^;

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/72-c66c278b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。