スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプリ内課金よりも最初から有料アプリの方が有り難い 2013年06月09日 Apps トラックバック:0コメント:0

以前紹介したiPhoneアプリワイルド スピード・ユーロ ミッション:ザ・ゲームを暇を見つけては楽しんでいます。

大人気カーアクション映画『ワイルドスピード』シリーズの最新作が元になっているアプリで、日本ではまだ公開されていませんが公開が待ち遠しくなるような楽しいゲームです。


参考記事:+アプリが映画業界の新しいプロモーションに


上記参考記事内でも書きましたが、最近は 映画+アプリ というプロモーションが業界の新しい宣伝方法になってきているように思います。
作品を観た人にとっても、これから観ようと思っている人にとっても関連アプリは楽しめますし、作品の世界観を味わうという意味ではとても楽しめます。



前述の 映画+アプリ というプロモーション方法の話ではなく、アプリ自体の販売の在り方について。

App Storeには本当に沢山のアプリがあります。
無料のアプリから有料のアプリまで様々です。
一言に有料と言っても¥85くらいの安価なアプリから¥1,000以上もする高価なアプリまで色々です。

開発者にとってみればアプリ開発は仕事なので利益を出さなければいけません。
趣味でアプリ開発をやっている人でも開発にかけた時間や労力を考えれば無料で提供という気にならないでしょう。

アプリ開発で利益を出すには単純に有料アプリにするかアプリ内で広告を表示することで収入を得られる広告収入、その他にアプリ内課金があります。

今回はそれらの中で『アプリ内課金』について。


冒頭に紹介したゲームアプリ【ワイルド スピード・ユーロ ミッション:ザ・ゲーム】は無料のアプリです。

ワイルド スピード ユーロ・ミッション: ザ・ゲーム App
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料


IMG_1001.jpg



ゲームの内容は、ゲーム内マネーで車を買ってストリートレースに参加し、勝利することで得られるゲーム内マネーを使って車をチューンナップしたり新しい車を購入しながらゲームを進めていくというよくあるレースゲームです。

IMG_0999.jpg


上の画像を見てもらうと分かるとおり、所有しているゲーム内マネーでは車のチューンナップに必要なマネーに全く足りていません。
もちろん足りる部分もありますが、ゲーム内のレベルが上がるにつれてゲーム内マネーはどんどん足りなくなります。

この状況を打破するためにはRPGの如く何度も何度もレベルの低いミッションを繰り返すか、アプリ内課金をする事でゲーム内マネーをゲットするしかありません。
ちなみにこの【ワイルド スピード・ユーロ ミッション:ザ・ゲーム】のアプリ内課金はどんな感じかというと・・・

IMG_1002.jpg


下は¥250から上は¥8,500まであります。

前述の通り、同じミッションを何度も何度も繰り返せばいつかはマネーは貯まります。
ですがサクサクゲームを進めたいと思ったとき、どうしてもアプリ内課金が必要になってきます。


アプリ自体は無料にする事でダウンロードをしやすくした上で、アプリ内で課金を促したり勧めたりするという方法は、利益を出す上でとてもよい方法だと思います。
アプリ自体を有料にすることよりもアプリ内で課金をしてもらった方が利益は大きいのでしょう。

ただ自分のように単純にゲームを楽しみたい、アプリを有効に活用したいと思っている人にとってはどうなのでしょうか。
個人的にはアプリ自体がそれなりの価格で優良でもいいからアプリ内課金をしないで楽しめるといった方が断然有り難いです。



スマートフォンやタブレットなどのアプリ開発というのは今や一つの職業として認知されています。
極端な先行投資をしなくてもある程度の勉強をすれば誰でもその世界に飛び込めます。
これも今のようなスマートフォンというカタチを我々に提供してくれたAppleの功績の1つなのかもしれません。

アプリ内課金が駄目だとは思いません。
広告を表示して広告収入を得ることが駄目だとは思いません。
有料アプリとして販売することが駄目だとは思いません。

ただ開発者とユーザーの双方がそこそこ納得できる落とし所があればいいのになぁと思います。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/576-835581e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。