スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円安が売れない理由になるとは限らない 2013年06月04日 Apple トラックバック:0コメント:0

5月30日、AppleはiPadとiPodなど一部の製品で値上げを行いました。
これは円安が続いている昨今の為替の影響で、最大で20%程の値上げになりました。
今のところ値上げされた製品はiPadとiPodでMacやその他アクセサリー類は値上げされていません。

スクリーンショット 2013-06-04 16.16.03


Apple製品のように海外メーカー製品が為替の影響を受けて価格の変動があるのは仕方がありません。
消費者からすれば出費が増えてしまうわけですからあまり歓迎出来ることではありません。
購入を考えていた人にとってはタイミングの悪い場合もありますし、購入自体の再検討をしなければいけない場合もあると思います。

しかしながら自分は『Apple製品は円安の影響をそれ程受けない』と思っています。
それはApple製品が他にはない唯一無二の製品であるからというのが理由です。


WindowsPCやAndroidOS搭載のタブレット端末などは1つのメーカーだけではなく、いくつものメーカーから製品が販売されています。
極端に言えば1つのメーカーが円安で値上げを行ったとしても別のメーカーから同じような製品が買えてしまうのです。

一方でApple製品の場合、Apple製品以外にMac OSやiOSが搭載されている製品はありません。
Macが使いたい場合、iPadが使いたい場合、Apple製品を買うしか他に術はありません。
乱暴な言い方かもしれませんが、Mac(Mac OS)が使いたい場合やiPadやiPodやiPhone(iOS)が使いたい場合は、高かろうが安かろうがApple製品を買うしかないのです。



『iPodよりも高いスニーカーがある』
これは初代iPodが発売された際、価格が高すぎないかという問いに対してジョブズ氏が返した言葉です。

よく「Apple製品は高い」という言葉を耳にします。
これはWindowsPCやAndroid端末と比べて高いという意味なのだと思います。
実際高いかもしれません。

ですが、そもそもAppleの素晴らしいデザインのハードウェアや使いやすいソフトウェアはApple製品でしか味わえないのですから、比べること自体が間違いのような気がします。
これらの事はAppleがMicrosoftと違いハーウェアとソフトウェアを製造しているメーカーであることの大きなメリットだと思います。


ユーザーや消費者にとっては安く購入出来るならそれに越したことはありません。
海外メーカー製品ですから為替の影響を受けるのも仕方がありません。

ですが、Apple製品には価格以上の素晴らしい "何か" があるのだと思います。
それはユーザーになってみないと分かりません。

この先、日本を含め正解の情勢がどうなっていくかは分かりません。
また円高になる場合もありますし、このまま円安の状態が続いていくかもしれません。
どんな状況であろうとこの先の10年後も20年後も、Apple製品がApple製品であり続けてほしいと思っています。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/571-6b3ecf4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。