スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iMacのHDD交換プログラムから思う事 2011年07月31日 Apple トラックバック:0コメント:0

先日Appleよりアナウンスされた「iMac Seagate製 1TBHDD 交換プログラム」。
自分が所有しているiMacがその対象だった為、Appleのサビースである「ピックアップ&デリバリー」
によるHDD交換をしました。

この「ピックアップ&デリバリー」は集荷の手配から修理後の宅配までを全てApple側が行ってくれるので、
ユーザーは集荷の日時を決定して本体を渡すだけでいいという、とてもよいサービスです。

自分のように地方に住んでいて、近くにApple Store(Genius Bar)や正規サービスプロバイダがない場合、
この「ピックアップ&デリバリー」サービスに頼らざるを得ません。

ただピックアップ&デリバリーによる修理等を依頼する際、サポートセンターへ電話で連絡をし不具合の
状況等を伝えなければいけないのですが、意外とこれが厄介です。
Macが起動しないなどの明らかに通常とは違う状況であれば簡単にその状況を伝える事ができて、相手も理解してくれますが、主観的な不具合や比較しないと判断できないような不具合の場合は、相手に理解してもらうのがとても困難です。
こういった場合、対面式でその状況を伝える事ができて、場合によっては修理や交換をその場で行うGenius Barはとてもよいサポート体制だと思いますが、Genius BarはApple Store内にあり、そのApple Storeは都市部にしかありません。
その部分をカバーする為に正規サービスプロバイダがある訳ですが、この正規サービスプロバイダも全ての都道府県にありません。(一企業にそこまで求めてはいけないと思いますが)

また、この「ピックアップ&デリバリー」サービスは、修理や交換、検証の中身が見えにくいという点もあります。
どのような検証を行って修理や交換と判断し、また、修理や交換後どのような検証を行ってそれらが正常と判断するのか、そもそも正常な状態(仕様範囲内)か不具合がある状態なのかの基準も見えにくいです。
これがGenius Barのようにスタッフと対面できれば、この疑問もかなり解消できるように思います。

今回、HDD交換プログラムのピックアップからデリバリーまでの一連のサービスを受け、自分として不満な点や
納得できない点がいくつかありますが、その全てを解消する事は到底無理だと思うし、それをメーカー側にだけ押し付ける事もできません。



Appleのサポートについてややマイナスな事を書いてしまいましたが、同分野の他メーカーのサポートに比べれば
Appleのサポートは大変優れていると思います。

今回このサポートを受けて自分が思った事は、しっかり納得できるまでやろう!ってことです。
それをメーカーだけに押し付けないで、自分でもできる事はやるという事。

せっかくこれだけ素晴らしい製品を使っているのだから、できるだけ良い状態で長い期間使い続けたい。
新製品がリリースされる度に買い替えられる程の経済的余裕もありあませんし。
おそらく今後何かの不具合があった場合、自分は「ピックアップ&デリバリー」サービスを受けないと思います。
場合によっては不具合の認定以外で電話サポートを受ける事もないかもしれません。
それは、Appleのサービスにどうしようもなく不満がある訳ではなく、自分がしっかり納得したい為の行動。
時間的、経済的にマイナスでも今後何かの際は最寄りのサービスプロバイダに行こうと思います。

その第一歩として、近々ある計画を実行に移す為、戻ってきたばかりのiMacをkitcutに持ち込みます。
5年後もこのiMacを使っていたいので・・・
この計画については追々で。。。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/55-5a6f1ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。