スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作Fusion Driveの解除方法 2013年04月23日 Macintosh トラックバック:0コメント:0

ノーカスタマイズの状態で購入し、その後自作Fusion Drive化したMac mini(Late2012)。
パフォーマンス自体には何の不満もなく、実際のところはFusion Drive化されているストレージが搭載されている事すらも忘れているくらいです。


参考記事:Mac mini(Late2012)デュアルドライブ化
参考記事:Mac mini(Late2012)自作Fusion Drive化

8403950867_0dd8d68493_n.jpg



以前にもブログで記事にしましたが、各種データの保存場所になっている外付けHDDの容量が圧迫され始めました。
Fusion Driveは通常のハイブリッドドライブと違ってアプリケーションやファイルのアクセス頻度に応じてインストール先を自動で変更してくれるという素晴らしいシステムです。

単純にSSDの高いパフォーマンスとHDDの大きな容量が欲しい自分にとって、Fusion Driveは使いづらいシステムなのではないかと思い始めました。

ということで・・・
ここは一旦Fusion Driveを解除して、単純にSSD+HDDというシステム構成に戻すことにしました。
自作Fusion Driveを解除する方法はFusion Drive化の際と同じようにターミナルで入力しなければいけませんが、Fusion Drive化よりは少ない手順で出来ます。

手順は以下の通り。
※当然Fusion Drive解除後はシステムを復元しないといけないのでバックアップを※


① リカバリモード(cmd + R)で起動。

② 「diskutil cs list」と入力して実行。ボリューム(自分の場合「Macintosh HD」)のUUID(数字とアルファベットの羅列)を確認。

③ 「diskutil cs deleteVolume UUID」と入力して実行。
   (UUIDの部分は②でチェックした数字とアルファベットの羅列)

④ 再度「diskutil cs list」と入力して実行。ストレージ(自分の場合「Fusion Drive」)のUUID(数字とアルファベットの羅列)を確認。

⑤ 『diskutil cs delete UUID』と入力して実行。
   (UUIDの部分は④でチェックした数字とアルファベットの羅列)

⑥ OSを再インストールしてバックアップから復元。


以上で終了です。


UUIDを2回入力しなければいけませんが、Fusion Drive化の際に自身が決めたボリューム名とストレージ名の部分のUUIDを入力しないといけません。
分からない場合は、Fusion Drive解除作業前にディスクユーティリティでチェックを。

スクリーンショット 2013-04-23 17.37.05



真っ新になった1TBのHDDには比較的頻繁にアクセスするiTunesとiPhotoのデータ、外付けHDDの中の頻繁にアクセスするデータを保存しておこうかと思います。

Fusion Drive化及び解除作業はターミナルの入力をしなければいけません。
場合によってはシステムに致命的な障害をもたらす危険性もあります。
どちらもそれ程難しい作業ではないので落ち着いて実行しましょう。

バックアップは忘れずに!!


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/536-69562142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。