スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8発売の今こそMac移行へ 2013年02月09日 Apple トラックバック:0コメント:0

Microsoftは昨年10月に新OS『Windows8』を一般向けにリリースしました。
基本的な部分は踏襲しつつも新しいユーザーインターフェースが与えられ、マルチタスクジェスチャ機能などが追加されました。

index-ph01.jpg


先月末まではアップグレード版が特別価格で提供されていたことでリリース後のスタートダッシュになったでしょうし、特別価格での提供が終了することで駆け込み的な需要もあったかもしれません。
自分はゲットしていないのですが、購入された方や使用されている方の評価はいかがなものなのでしょうか。



今回のWindows8は新しいユーザーインターフェースが追加されたことで見た目にも随分と変わりました。
Windows/Mac OSにかかわらずOSがアップデートされる事で様々な機能が追加される場合が多々あります。
もちろん廃止される機能もあります。

そんなOSのアップデートではユーザーに対して追加/廃止された事による新しい操作方法の習得や慣れが強いられます。
MacOS⇒Windows、Windows⇒MacOSのように根本的にOSが変わるわけではないのでそれ程大変なことではありませんが、これまで使っていたOSのように慣れ親しむためには多少の時間を要します。


そこで思ったこと。

どうせ新たに操作や使い方を憶え、使い勝手に慣れなければいけないのなら、この際Macにいこうしてみてはどうだろうか、と。

120725_mountainlion.jpg


最近はAndroid端末の巻き返しも凄いです。
とは言ってもAndroidはGoogle製のソフトウェアです。

携帯電話はiPhoneだけどパソコンはWindowsという方は沢山います。
実際自分の周りにも多いです。
しかしよく考えれば、携帯電話はiPhoneだけどパソコンはWindowsというのと携帯電話はAndroidでパソコンはWindowsというのはそう変わらないのではないかと思います。



今回Windowsに追加された目玉機能である「マルチタスクジェスチャ機能」。
Macには更に洗練された「マルチタッチジェスチャ機能」があります。

各種アプリでは目的の作業を完了するために数クリックで終わってしまうアプリも多々あります。
Windowsからの移行もスムーズに行えるようにサポート体制も万全ですし、必要とあらばBootCamp機能でWindowsをMacにインストールすることも可能です。

ファイルやデータのフォーマット問題もほぼ無く、各種アプリを使うことで変換することも可能です。
そんなアプリは無料か驚くほど低価格で、しかもMac App Storeから入手出来ます。



自分がWindowsからMacへ移行してきてからどのくらい経ったかは忘れましたが、その間に操作などで躓いたことは一度も無かったと思います。
現在はiPhoneやiPadも普及してきたので移行へのハードルも低いですし、iOSデバイスを所有している方ならハードルはないと言っていいと思います。


Windowsユーザの皆さん!
Windows8にアップグレードするかどうかを悩んでいるのなら、この際Macに移行してみてはいかがでしょうか!
これまでよりも世界がもう少し広がりますよ(^_^)b

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/479-25aa099c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。