スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

250億という数字の凄さ 2013年02月07日 Apple トラックバック:0コメント:2

Appleは2013年2月6日、iTunes Storeでの楽曲ダウンロードが "250億曲" を突破したと発表しました。
250億曲目をダウンロードしたドイツ在住の男性には1万ユーロ相当のiTunesギフトカードが贈られたのだとか。

単純に250億と聞いてもあまりに数字の桁が多すぎてピンときません。
Appleのインターネットソフトウエア・サービス担当上級バイスプレジデントのEddy Cue氏によれば、1分間に15,000曲以上がダウンロードされているそうです。

itunes_20130207145550.jpg


iTunes Store(当初はiTunes Music Store)がスタートしたのが2003年4月。
2008年6月には50億曲、2010年2月には100億曲がダウンロードされたようです。

iTunes Storeがスタートした当初から現在のように想像もできないくらいのダウンロードがあったわけではないと思いますが、実際の所 "250億" という数字がどれくらいすごい数字なのかを計算してみました。


・2003年4月~2013年2月の9年11ヶ月間(119ヶ月)
・1年を365日、1ヶ月を30日とする


■ 1ヶ月 ■
 25,000,000,000 ÷ 119ヶ月 = 約210,000,000
■ 1日 ■
 210,000,000 ÷ 30日 = 7,000,000
■ 1時間 ■
 7,000,000 ÷ 24時間 = 約291,000
■ 1分 ■
 291,000 ÷ 60分 = 4,850
■ 1秒 ■
 4,850 ÷ 60秒 = 約80


iTunes Storeがスタートしてから現在までの楽曲ダウンロード数の平均値は "1秒間に約80曲" です。



ではもう1つ、App Storeはどうなのでしょうか。

2013年1月に公表されたApp Storeの累計ダウンロード数は "400億件" です。
2008年7月にスタートしたApp Storeは1年後には15億件でしたが2011年1月には100億件を突破しました。
2012年3月には250億件、2012年9月には350億件を突破しています。


・2008年7月~2013年1月の4年7ヶ月(55ヶ月)
・1年を365日、1ヶ月を30日とする


■ 1ヶ月 ■
 40,000,000,000 ÷ 55ヶ月 = 約720,000,000
■ 1日 ■
 720,000,000 ÷ 30日 = 24,000,000
■ 1時間 ■
 24,000,000 ÷ 24時間 = 1,000,000
■ 1分 ■
 1,000,000 ÷ 60分 = 約16,000
■ 1秒 ■
 16,000 ÷ 60秒 = 約266


App Storeがスタートしてから現在までのダウンロード数の平均値は "1秒間に約266件" です。




*****




あくまでも平均値なので正確な数字ではありません。
サービス開始当初は現在のように多くなかったでしょうし、多い時もあれば少ない時もあったでしょう。

Apple Storeは世界に300店舗以上展開されています。
300店という数字も凄い数字ではありますが、世界中の全ての国々にApple Storeがあるわけではありません。

Apple Storeとは違いiTunes StoreやApp StoreはMacがあってインターネットに接続されていればだれでも利用する事が可能です。
それに加え現在はiPhoneやiPadなどのiOSデバイス単体でも両Storeは利用可能です。

iPhoneをはじめとするデバイスが爆発的に普及している事、難しい操作や面倒な手続きが無い事が "250億""400億" という数字に結びついているのでしょう。


こうやってブログを書いている今この瞬間もiTunes Storeでは80曲、App Storeでは266件がダウンロードされていると思うと、ある意味恐怖さえ感じてしまいますね^^;


関連記事

コメント

それほどの数字でも
フィジカルALBUM一枚平均10曲入りとして換算すると、全世界で一時間に29000枚程度の売上ということは、おそらく1日本国内大手CDチェーンのの一時間分の売上枚数とたいしてかわらないと思います。デジタル音楽ダウンロードビジネスのイノベーターにしてこの数字、むしろ音楽が売れなくなったことを証明しているようなものです。iTunesが始めてiTunesがリードする市場なので、比べ様も有りませんが、音楽業界のシュリンクは加速しているといえます。
  1. 2013/02/08(金) 11:28:33 |
  2. URL |
  3. Pacheco #-
  4. [ 編集 ]
Re: それほどの数字でも
>Pacheco さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

250億という数字が凄いと感じるかどうかは人様々です。
仰るように大手ショップと同等なのであれば凄いことでないのかもしれません。
サービス開始から10年で大手ショップと同等であれば自分は凄いと思いますが、ショップと同じなら凄くないと感じる人もいると思います。

”現在”という枠の中で考えるのなら、現在は1分間に15,000曲以上がダウンロードされているようです。(真偽は分かりませんが)
そう考えるとサービス開始からの10年間と比べると3倍くらいにはなっているようです。

音楽自体が売れなくなったこと、業界自体があまり良い状況でないことは同感です。
しかし、それらはレーベルやアーティスト、販売店がどうするかを考えることであって、ユーザーや消費者にはあまり関係の無いことのようにも思えます。
むしろこういった状況だからこそiTunes Storeなどのダウンロード販売というカタチが注目を集めると思うので、いちユーザーである自分にとっては良いことだと考えています。
  1. 2013/02/08(金) 15:59:28 |
  2. URL |
  3. 越山若水 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/477-68fc2bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。