スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『欲しい』と思えるかが重要 2012年10月19日 Apple トラックバック:0コメント:0

Appleのスペシャルイベントが日に日に楽しみになってきています。

『We've got a little more show you.』

appleevent.jpg

「little more」…「もう少し」という意味だと思っていましたが、どちらかで「小さいもの」という含みがあるのではないかという記事を拝見しました。
Appleなら十分にあり得るような気がします^^



*****



さて、このスペシャルイベントでは小型のiPadである『iPad mini』が発表されるのではないかと言われています。
最近のAppleは意図的に情報をリークしていたり、アクセサリーメーカーへ事前に仕様書を渡していたりという事があるので、「iPad mini」の発表は間違いないように思えますが果たして…

個人的にはMacの方に興味が向いているというのが本音です。
以前から当ブログでも書いているように、デスクトップ型のMacは2011年モデルから未だにアップデートされていませんから。


そんな中で1つの気になる記事を目にしました。

   ガジェットさん家 さんの10/18の記事 『iPad miniはAppleの仲間たちをも食い散らかす

「アナリストによればiPad-iPad mini間で共食い状態になり、iPadの販売台数が15~20%減少するだろう」と紹介されています。


実際の所、自分も「iPad mini」のポジションがどういうポジションなのかと疑問に思っていましたし、iPhoneとiPad程の明確な差も無いように思えます。

では、今現在販売されているデバイスはどうなのでしょうか。

現在販売されているマルチタッチディスプレイを搭載するiOSデバイスは3種類。
・iPhone
・iPad
・iPod touch

それぞれにサイズなどの差はありますが、基本的にはどのデバイスでも同じ事が出来ます。
音楽を楽しんだりムービーを観たり、クリエイティブな作業をしたり等々。
(iPhoneは電話が出来るという要素がありますが…)

この3つのデバイス間で大なり小なり共食いはあるでしょう。
特にiPhone-iPod touch間では。
(勿論iPad-Macbook間にもあると思います。)


自分の周辺にもiPhoneやiPod touchを使っている人がたくさんいます。
残念ながら両方を所有していてバリバリ使っているという人はいません。
iPhoneとiPod touchだけで見ればどちらか一方で事足りるというのが現状かもしれませんし、それがいわゆる「共食い」なのかもしれません。

先日、iPhone5と新型iPod touchがリリースされました。
「今回はiPhone5を買う」とか「iPhoneを見送ってiPod touchを買う」なんていう言葉を目にしたり耳にしました。

自分は今の所iPhone5だけを購入して使用しています。
でもiPod touchも欲しいです。
この『欲しい』という気持ちが重要なのかもしれません。


ジョブズ氏の公式伝記では「SONYは部所間の連携がうまく機能していない」などと書いてありました。
一方でAppleは「会社全体で物事を考えている」ともありました。
単純にデバイスのラインナップだけを見れば、多少なりとも「共食い」しているという事は分かります。
でもAppleの株価や売り上げを見れば、それが決して悪い事ではないと分かります。

自分の正直な意見は「共食いでも何でもいい」です…
どのデバイスがどのデバイスのシェアを食ってしまうなどの考えはAppleがすればいい事です。
要するに、いちユーザーとして、いちファンとして機能やポジションがかぶっても『欲しい』と思えるかどうかが重要です。



間もなく開催されるAppleのスペシャルイベント。
「iPad mini」の発表が濃厚ですが、是非『欲しい』と思える製品を発表してもらいたいですね。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/384-0a597c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。