スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook/Wireless Keyboard用カバー『moshi clearguard cs』 2012年07月15日 Apple トラックバック:0コメント:0

本題に入る前に・・・

自分はApple Online StoreでMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを注文して以降、アカウントの注文履歴ページをチェックするのが日課になっています。
それは出荷ステータスに変化がないかをチェックするためなのですが、本日は何故か朝からそのページがメンテナンス中。

ストア自体はメンテナンスに入っていませんが、そのページだけがメンテナンスに入っているようです。
今日は日課が果たせず何だか変な気分です(^^;)




*****




さて本題へ。

自分はMacBook Pro Retinaディスプレイモデルが届いたらiMacを処分し、MBP Retina+Thunderbolt Display+Wireless Keyboard+Magic Mouse(+Magic Truckpad)というセットでの使用・運用を考えています。

こちらの トブiPhone さんのエントリ、

   とても気に入っていた Cinema ディスプレイ 27"を売る理由

を拝見させて頂くと、実際MBP Retinaが届いて使ってみると自分も同じような気持ちになるのではないかという恐れはありますが、現在の所は前述のようなセットで使っていこうと考えています。



Appleのプロダクトは素晴らしいデザインと快適とも言える使いやすさ、所有することの喜びなどいくつもの魅力があります。

周辺機器1つをとっても一切手を抜かず、周辺機器を専門に製造しているメーカーの製品をも凌駕するデザインと使いやすさ。

そんな中でも今回はMacの外付けKeyboardである「Wireless Keyboard」について少し。

スクリーンショット 2012-07-15 15.45.00


このWireless Keyboardはデスクトップ型のMacのみならず、MacBookにも使用でき、iPhoneやiPadなどにも接続して使用できるという優れものです。
接続方式はBluetoothなのでApple製品でなくともBluetoothが使える機器になら接続することが出来ます。

自分は現在、自宅のメインマシンはiMac(Mid2011)です。
当然このWireless Keyboardを使用していますが、自分のPC部屋に来た友人や家族は皆このWireless Keyboardを見ると同じ事を言います。

  「これがキーボード!?」

それがキーボードなのかどうかを一瞬疑うくらい素晴らしいデザイン。
Wireless Keyboardのアルミ部分はiMacのディスプレイ部分をくり抜いたアルミで作られているとも言われていて、環境にも配慮されています。


そんな素晴らしい「Wireless Keyboard」。
自分にとっては100%完璧ではありません。

Bluetoothの接続問題もありますが、もう1つマイナス点を挙げるとすれば「真っ白なキー」。
この真っ白なキーはデザイン的には申し分ないものの、使っていく事でどうしても汚れていってしまいます。
(厳密には汚れが目立つ)


そこで今回はそのマイナス点をカバーするアクセサリーを購入。

moshi clearguard cs

IMG_0445.jpg


Macユーザーにはお馴染みのアクセサリーですね。
極薄素材で出来ていて使用感もあまり変わらないと評判の製品。

価格が安いのか高いのかは分かりませんが、自分にとっては手頃な¥2,520。
汚れたら洗って再利用できるという点もエコでいいですね(^^)

先日MBP Retina用に新しくWireless Keyboardを購入したのでそちらで使う予定であり、まだ開封だけしかしていませんが、MBP Retinaが届いたら全て心機一転、新たな気持ちで新たな製品達を使い始めようと思います。




*****




先月リリースされたMacBook Pro Retinaディスプレイモデル。
基本的なキー配置はコレまでと同様のようですが、光学ドライブがなくなったことでこれまでEJECTキーだった部分がパワーボタンに変更されています。  

MacBook Air用のキーボードカバーを流用することは可能みたいですが、実用の範囲内ではあるものの若干クリアランスが出来てしまうようです。

このエントリを書くために moshiの海外HP を見ていて気がついたのですが、製品ページのプルダウンメニューの中には『Retina Display MacBook Pro 15』が選択できるようになっています。

スクリーンショット 2012-07-15 16.08.33


実際購入出来るのかどうかは分かりませんが、購入出来ないとしても間もなくリリースされるのは間違いなさそうです。
MBP Retinaのキーボードカバーを探している方は今後要チェックですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/303-75117608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。