スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Pro RetinaでDVDやBlu-Rayを観ると・・・ 2012年06月14日 Apple トラックバック:1コメント:0

AppleユーザーやMacユーザーにとってはWWDCのメインイベントとも言える基調講演も終わり、ネット上など至る所で新製品の事が話題になっています。

今回のWWDC2012で発表・リリースされたMacは「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac Pro」の3モデル・13機種ですが、やはり一番の注目は『MacBook Pro Retinaモデル』でしょう。


これまでiPhoneやiPadにしか搭載されていなかったRetinaディスプレイが初めてMacに搭載されたモデルですが、Apple Online Storeの納期もみるみる伸びている事を考えると皆さん待ちに待っていたのでしょうか。

そんなRetinaディスプレイを搭載したMacBook Proですが、なんと言ってもその凄さは2880×1800というiMac27インチやCinema Display/Thunderbolt Displayを軽く凌ぐ圧倒的な解像度。

Retina.jpg



基調講演やこのMacBook Pro Retinaモデルのリリースの興奮も未だ冷めない現在、当初は購入を見送る方向で考えていましたが、日に日に物欲の嵐が吹き荒れて悩ましい日々を送っています。

そんな時ふと、このMacBook Pro RetinaモデルでDVDやBlu-Rayを観たらどんな風になるのかという疑問が湧きました。

普段MacでDVDやBlu-rayのみならず色々な動画を楽しむ自分にとっては意外と重要なポイントです。
ディスプレイ自体の美しさは最早言うに及ばず、今回は解像度という点に絞って考えてみました。




■ MBP RetinaとiMac27/Cinema & Thunderbolt Displayの比較 ■


MBPiMac.jpg



■ iMac27/Cinema & Thunderbolt DisplayでDVD/Blu-Rayを観た場合 ■


iMacで



■ MacBook RetinaでDVD/Blu-Rayを観た場合 ■


MBPで



■ 全てを合わせた場合 ■


zennbu.jpg




DVDプレーヤーやBlu-Rayプレーヤーを全画面やフルスクリーンで表示させた場合はこの限りではありませんが、DVDに関してはフルスクリーンにして観た場合の画質の粗さは救いようがありません。

確かに美しくて素晴らしいディスプレイであるRetinaですが、ことムービー鑑賞という点から見ると少々使いづらいでしょうか。
コンテンツ側の画質などがアップしない限り高解像度ディスプレイで映画やムービーを楽しむのはやや厳しいかもしれません。

ディスプレイ上に色々なアプリやツールを常時表示さえておく必要のある方や写真や画像の編集をされる方などにとっては、この解像度の高さは素晴らしいものでしょう。


でも欲しいなぁ~こうやってブログを書いているだけでも悩みは尽きませんね・・・ε~( ̄、 ̄;)ゞフー
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/273-5a93b884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【MacBook Pro RetinaでDVDやBlu-Rayを観ると・・・】

AppleユーザーやMacユーザーにとってはWWDCのメインイベントとも言える基調講演も終わり、ネット上など至る所で新製品の事が話題になっています。今回のWWDC2012で発表・リリースされたMac
  1. 2012/06/19(火) 01:39:36 |
  2. まとめwoネタ速neo
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。