スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期iMacに搭載されるCPUを考える 2012年06月02日 Apple トラックバック:1コメント:0

昨日のエントリにも書きましたが、今月11〜15日にWWDCが開催されます。
このWWDCは新しいハードウェアやソフトウェア、サービスなどが発表されることも多々あり、AppleユーザーやAppleファンにとっては楽しみなイベントである事は間違いありません。

一部では早くも「iPhone5」が発表されるのではないかという噂もありますが、現行のiMacやMac Proなどのリリース時期を考えれば新しいMacが発表されるという方が現実的でしょうか。


明日で現行iMacがリリースされてちょうど13ヶ月。
WWDCで発表されるハードウェアがあるとしたらiMacが最有力候補かもしれません。

ようやくintelからも第3世代Coreシリーズである『Ivy Bridge』がリリースされたので、次期Macにはこの新プロセッサーが搭載されることと思いますが、今回は第1世代のCoreシリーズ以降にリリースされたMacから次期iMacに搭載される可能性のある新プロセッサーを軽く予想してみたいと思います。

Intel_Ivy_Bridge.jpg




■ Sandy BridgeとIvy Bridgeの違い(要点) ■


・プロセスルールの微細化

 Sandy Bridgeが32nmだったのに対し、Ivy Bridgeは22nm


・内蔵GPUの強化

 Sandy Bridgeがintel HD Graphics 2000/3000なのに対し、Ivy Bridgeはintel HD Graphics 2500/4000


メジャーアップデートと言えるかどうかは微妙なところですが、着実な進歩は見られます。




■ 第1世代Coreシリーズ以降のiMacに搭載されているプロセッサー ■


スクリーンショット 2012-06-02 20.30.24


全体的に搭載されているプロセッサはラインナップの中でミドルクラス。
標準モデルの搭載されているプロセッサはTDPが低めのクラス。




■ 現在スペックが公表されている第3世代Coreシリーズ(デスクトップ向け) ■


スクリーンショット 2012-06-02 20.55.51


クロックは概ね底上げ。
Core i5は相変わらずの4コア4スレッド。
若干の省電力化。




■ 次期iMacに搭載される可能性のあるプロセッサ(予想) ■


次期iMacのディスプレイサイズが現行と同じ21.5インチと27インチになるのかは分かりませんが、同じであると仮定して予想します。

両ディスプレイサイズ共に下位モデルと上位モデルの2ラインナップ構成で、上位モデルはカスタマイズでプロセッサを変更出来ると思われます。


【21.5インチ】

下位モデル・・・Core i5 3470S
上位モデル・・・Core i5 3550S
カスタマイズ・・・Core i7 3770S

【27インチ】

下位モデル・・・Core i5 3550S
上位モデル・・・Core i5 3570S
カスタマイズ・・・Core i7 3770 or Core i7 3770S


明確な根拠はありませんが、ラインナップの中でミドルクラスであること、TDPが低めであることを考えると以上のようになります。

実際の所WWDCでiMacが発表されるのかどうかすら分からない状況ですが、現行iMacユーザーの自分としては大変興味がありますし楽しみです。




※この予想は個人的な見解の中での予想です。悪しからず※

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/261-0c16d824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【次期iMacに搭載されるCPUを考える】

昨日のエントリにも書きましたが、今月11〜15日にWWDCが開催されます。このWWDCは新しいハードウェアやソフトウェア、サービスなどが発表されることも多々あり、AppleユーザーやAppleファ
  1. 2012/06/03(日) 02:03:29 |
  2. まとめwoネタ速neo
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。