スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REDWING BECKMAN 9011を購入 2012年05月04日 Other トラックバック:0コメント:0

今日は(も)AppleやMacのお話ではなく、自分が大好きな REDWING のブーツのお話。

ここ何ヶ月かで立て続けに購入しているのですが、それくらい大好きなんです(^o^)
5月に入って気温も上がりブーツの出番が少なくなってきていますが、出来るだけ履きたいものです。



今回購入したのは、REDWINGの数あるラインナップの中でもフラッグシップモデルとも言える「BECKMAN」
REDWINGのブーツは基本的にワークブーツで各ブーツのネーミングもその製品をターゲットにしている職種から名付けられています。

 ・アイリッシュセッター(現在は使用されていない)・・・ハンター
 ・ラインマン・・・電線工
 ・アイアンレンジ・・・鉱山作業員
 ・アイアンスミス・・・鉄鍛冶職人
 ・ペコス・・・農夫
 ・ロガー・・・木こり、ロガー
 ・エンジニア・・・鉄道機関士
 ・ポストマン・・・郵便配達員



そんなラインナップの中でも今回購入したベックマンは、REDWING社を創業したチャールズ・ベックマンの名前から引用されています。

このベックマンは他のモデルと違って自社タンナー作られる全体の5%にしか当たらない「フェザーストーンレザー」を使用して作られています。
もちろんその分お値段は少々張りますが・・・(´д`)

他のモデルと違って使用されているレーザの違いや質感、デザインが素晴らしくワークブーツでありながらセミドレスシューズとしても活用できるのがベックマンのいい所であり特徴です。


そして、ベックマンの数ラインナップの中で購入したモデルは、ブラックチェリーというカラーのラウンド・トゥである#9011。

一見ブラックに見えますが、よく見るとパープルで光の加減で程よく映えます。

IMG_0301.jpg


濃いめのデニムとの相性も悪くありません。

IMG_0299.jpg

IMG_0300.jpg



ベックマンは独特のレザーの質感なので、通常のワークブーツのようにミンクオイルなどを使用すると特徴的な光沢がなくなってしまうので、シュークリームを使用しなければいけません。

個人的にメンテナンスは大好きなので全く苦にならないのですが、何だかんだとメンテナンス用品が増えてきて置き場に困っているのが現状です(^^;)

普段はREDWINFG純正のケア用品を使用していますが、このベックマンも含めドレスシューズなどは サフィール ノワール のシュークリームを使用してケアしています。


IMG_0302.jpg

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/247-84bfedb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。