スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacでBlu-Rayリッピングの現状 2012年01月21日 Apple トラックバック:0コメント:3

一般的にBlu-Rayが流通するようになってどれくらいが経つのでしょうか。
何だか「Blu-Ray vs HD DVD」の戦いが懐かしくも思えます。

以前から当ブログではMacでのBlu-Rayリッピングについて色々とご紹介してきましたが、今回もそんなBlu-Rayリッピングについてのお話。




当方はMacでBlu-Rayリッピングをする際は『MakeMKV beta』というソフトウェアを使用しています。

以前もご紹介したようにこのソフトは現在β版なので、定期的に公開されている「Current Key」さえ入手すればβ版の間はずっと試用できます。

この「MakeMKV beta」は特別使いにくいわけでも無く、現在は無料ということもあって大変重宝していますが、1つだけ当方の使用状況で出来ないことがありました。
それは、Apple TV用に変換できないこと。

「MakeMKV beta」はBlu-Rayソフトを丸々バックアップするか、mkv形式でリッピングするかの2種類しか出来ません。
バックアップしたデータをそのままBlu-Ray Diskに書き込んだり、mkv形式に変換したものをMacで楽しむだけなら問題は無いのですが、せっかくの高画質・高音質のデータなので大画面で楽しみたいと常々思っていました。

当方はいつもリッピングしたDVDは「Apple TV」で再生できるフォーマットに変換し、「Air Flick」を利用して、液晶TVで鑑賞していました。


そこで、「MakeMKV beta」を入手してから少し時間が経った事もあり、Blu-RayでもApple TVで鑑賞できるようにする為に、別のソフトウェアが無いか探してみました。

結果は以下の通り。



MakeMKV beta

MakeMKV_MakeMKV.jpg


以前からご紹介している「MakeMKV beta」。
詳しい事は割愛。



Pavtube Blu-Ray Ripper $49.00⇒$36.75

Pavtube Blu-ray Ripper_logo


いろいろなフォーマットに変換できる。
有料ソフトではあるが、試用も出来る。
ただし、使用中は変換した動画の中央にロゴが入る。

スクリーンショット 2012-01-21 18.20.24



Aunsoft Blu-Ray Ripper for Mac ¥4,500

Aunsoft Blu-ray Ripper for Mac_logo


何故かは分かりませんが、この「Aunsoft Blu-Ray Ripper for Mac」と「Pavtube Blu-Ray Ripper」は中身がほぼ同じ。
違いはデザインと価格、「Pavtube Blu-Ray Ripper」が英語なのに対して「Aunsoft Blu-Ray Ripper for Mac」は日本語。
使い方も全く同じです。

スクリーンショット 2012-01-21 18.51.44



DVD Fab シリーズ
 
 DVD Fab オールインワン for Mac ¥18,900
 DVD Fab ブルーレイ特価パック for Mac ¥13,775
 Blu-Ray コピー for Mac ¥5,700
 Blu-Ray リッピング for Mac ¥5,700
 ブルーレイ DVD 変換 for Mac ¥3,800
 3D ブルーレイ リッピング for Mac ¥4,750

(表示価格は全て2年間)


現在のMacでのBlu-Rayリッピングソフトの中では1番機能的に優れているソフトだと思われます。
ただし、たのソフトに比べてやや高価なのと、更新しなければいけない点が残念。
有名どころのソフトではあるので、価格的に見ても新種のコピーガードなどにはいち早く対応すると思われます。

試用版をダウンロードしていましたが、個人的にはやや使いにくいでしょうか。
月に何十本もリッピングをする方ならお得かもしれませんが、月に数本の自分にとっては実用度は低いかもしれません。




MacでBDドライブは認識するものの公式にはサポートされていない中で、こうやってサードパーティ製ソフトウェアがどんどんリリースされていくのは、映画好きの自分にとってとても有り難い事です。

iTunes Storeでの映画のレンタルが価格の面や期間の面でもう少し使い勝手が上がれば、それはそれでいいのですが・・・
最近はレンタル店でもBDのレンタルのラインナップも多いですし、一時期に比べれば貸し出し中になっていることも多くなっているように思います。
そんな今だからこそiTunes Storeの存在価値が見いだせると思いますし、ユーザーにとってもっともっと気軽で使いやすい存在になってくれたらいいですね。
関連記事

コメント

はじめまして
リッピングというものについて調べてるうちにこちらの記事に辿りつき、
読ませていただきとても勉強になりました。
ところでリッピングについて2点素朴な疑問が沸いたのですが、
コピーガードを解除したことで、そのブルーレイディスク自体にももうコピーガードは存在しない(感染力を持たない)のでしょうか?それともディスク自体のコピーガードが取れるわけではなく、あくまでコピーガード解除ソフトをインストールしたPCで起動してるときのみコピーガードがはずされた状態になるのでしょうか?
あともう1つめの疑問ですが、例えばv20まで対応してるコピーガード解除ソフトをインストールしたPCのドライブにv19のブルーレイディスクを入れるとコピーガードは解除してくれると思うのですが、そのドライブ自体はv19まで感染してしまったことになるのでしょうか?
わかりづらい文章で申し訳ありません。
お答えいただける範囲だけでもけっこうですので、お時間のあるときにでもご返信いただけますと幸いです。よろしくお願い致します。
長文乱文失礼致しました。
  1. 2012/06/27(水) 02:47:39 |
  2. URL |
  3. 森 #0uBZcKXw
  4. [ 編集 ]
Re: はじめまして
>森 さん

こんにちは。

まずはじめにリッピングやコピーガードの解除は場合によっては違法行為になる可能性があります。
そういった作業を行う際は自己責任のもとで行ってください。
また、著作権法の改正によりこう言った情報をあまり大っぴらに発信する事もいささか怪しい行動なので、ご質問に対して一般的な回答をさせていただきます。リッピングやコピーガード解除を助長するものではありません。

まず第一に、コピーガードを解除するという事はドライブやPC自体にその機能を持たせる事ではありません。
DVDやBD、一部のCDにはコピーできないように暗号化されていたり、そういったツールが元々仕込まれています。(メディアに)

ですので、自宅のPCでコピーガードを解除したDVD等を職場のPCに読み込ませてもコピーガードはかかったままですし、逆に自宅のPCで一度コピーガードを解除したからと言って別のDVD等を読み込ませてもコピーガードはかかったままです。

つまりリッピングとは、コピーガードのかかったDVD等のガードを一旦外しデータを抽出するという作業です。
一度ガードを外したDVD等が作業後ガードが外れた状態になる訳ではありません。あくまでも一時的にです。 
(そうなるとレンタル店にあるDVDなどは大変な事になります)


なかなか回答の難しいご質問でしたが、ご理解いただけましたでしょうか。
  1. 2012/06/27(水) 10:29:36 |
  2. URL |
  3. 越山若水 #-
  4. [ 編集 ]
ご返信ありがとうございます。
このような疑問に対し丁寧にお答えいただき感謝申し上げます。
非常にわかりやすく、素朴な疑問が1つ解消されました。
>そうなるとレンタル店にあるDVDなどは大変な事になります
冷静に考えたらまったくもってそうですね。
  1. 2012/06/28(木) 03:47:13 |
  2. URL |
  3. 森 #0uBZcKXw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/181-c62e4765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。