スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバイル通信環境を考える(自分の) 2012年01月08日 Other トラックバック:0コメント:0

先日地元のSoftbankショップにて『iPhone4S』を予約してきました。
リリースから約3ヶ月遅れでのゲットです。
リリース直後に比べれば在庫も潤沢になり予約なしで購入出来るみたいですが、自分が住んでいる場所はいかんせん田舎のため中々思い通りにはなりません。
特に急ぐ理由も無いのでのんびり待つことにしましたが、来週中には手に入るようです。


そんな『iPhone4S』は前モデルの「iPhone4」と比べると外観やスタイルに変更はないものの、内部的には結構グレードアップしているようです。
プロセッサやカメラのアップグレードなどいろいろありますが、自分が一番興味があるのが通信関係。

スクリーンショット 2012-01-08 19.45.59



公式には「iPhone4」に比べ2倍の速度を実現しているようです。




現在日本では『Softbank』と『KDDI』の2社がiPhoneを取り扱っていますが、当初からいろいろな比較が行われてきました。
どちらのキャリアにも優れた部分や劣っている部分などあると思いますが、使用する人の好みや環境で選択すればいいわけですし、個人的にはSoftbankがどうとか、KDDIがどうとかいう比較にはあまり興味がありません。



さて今回はそんな『iPhone』を含めたモバイル通信環境について考えたいと思います。
最近は「スマートフォン」「タブレット」「コンピュータ」、さらには「携帯型ゲーム機」まで通信機能を備えています。

個人的な環境として自宅と仕事場にはTimeCapsuleなどのWi-Fi環境が構築してあります。
ですが、それ以外の場所ではWi-Fi版のiPadやMacで通信することは出来ません。
ノマド的な生活を送っているわけでは無いので特段不満などはありませんが、今回『iPhone4S』を購入するに当たってモバイル通信環境をしっかり構築(確保)使用と考えました。


現段階で自分が入手出来て使用可能な通信機器に絞って、各キャリアの通信速度の比較をしました。
数字は各キャリアの公称値なので実測値ではありませんが、1つの判断基準にはなるでしょう。


【docomo】・・・Xi

エリア・・・ (自分の行動範囲内はXiのエリアではない)
下り速度(最大75Mbps)・・・ (Xiだけで見れば◎)


【KDDI】・・・Wi-Fi Walker

エリア・・・ (WiMaxでもエリア内)
下り速度(最大40Mbps)・・・


【SoftBank】・・・ULTRA Wi-Fi

エリア・・・ (あくまでもSoftbankのエリア)
下り速度(最大42Mbps)・・・


【WiMax】・・・WiMAX SPEED Wi-Fi

エリア・・・
下り速度(最大40Mbps)・・・


【E-Mobile】・・・Pocket Wi-Fi

エリア・・・
下り速度(最大42Mbps)・・・




通信速度はある最低限の速度さえ確保できれば体感的には速度差はそれ程感じないのかもしれません。
ただし、エリアに関しては通信機器である以上、繋がらなければ何の意味もありません。
そうなるとKDDIの『Wi-Fi Walker』が一番魅力的でしょうか。

あとはここに価格面でどう折り合いを付けるか。
こういう時代・環境だからこそ、通信感環境をしっかりと確保しないといけないかもしれませんね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/174-7e2822e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。