スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunesStoreで購入した楽曲を別フォーマットに 2011年11月19日 Apple トラックバック:0コメント:4

Macユーザーの方はもちろん、WindowsPCユーザーの方も『iTunes』を音楽や動画などの管理に利用されている方は多いのではないでしょうか。
これだけiPhoneやiPadがバカ売れしていれば当然と言えば当然ですね(^^)


今やiTunesは管理が出来るアプリケーションでは無く音楽から映画、iOSデバイス用のアプリなどを購入・管理出来るアプリケーションなのですが、唯一気に入らない点があります。

それは、ITunesStoreで購入した楽曲は後からオーディオコーデック(フォーマット)を変換できないこと。
そこにはDRM(デジタル著作権管理)というものが絡んでくるので仕方が無いことなのですが・・・


今日はそんなiTunesStoreで購入した楽曲のオーディオコーデックを別のコーデックに変換するというお話。



**************************************



■ iTunesのおさらい ■


リリースは初代iPod発売前でiPod発売以降はiPodの管理アプリケーションなったAppleのソフトウェア。
もともとMac専用のアプリケーションだったがiPodのWindows対応やiPod自体の普及からWindowsにも正式に対応。

iTunes4からはiTunes内で楽曲を購入出来る「iTunesMusicStore(現iTunesStore)」を開始。
現在は音楽・映画・ラジオ・電子書籍・Appなどを購入・管理出来る。

スクリーンショット 2011-11-19 21.09.57



■ 対応オーディオコーデック ■


現在iTunesが対応しているオーディオコーデックは以下の通り。

・MP3
・AIFF
・WAV
・AAC
・HE-AAC
・Appleロスレス
・MPEG-4(動画)
・H.264(動画)

各フォーマット形式の概略はWikipediaなどを参考にしてください。嫌と言うほど情報はあります。


iTunesが対応しているフォーマット形式の中で最も注目すべきは『Appleロスレス』
この「Appleロスレス」は可逆圧縮方式のオーディオコーデックで、音質の劣化を出来るだけさせないで圧縮する事で高音質で楽曲を再生できます。

※厳密には高音質になるのではなく、CDなどの取込元と同質の音質で再生できる※

MP3などに比べて音質劣化が無いので高音質のまま再生・管理出来るが圧縮率などの関係で容量はMP3よりも大きくなる。



■ iTunesStoreで購入した楽曲を別フォーマットにする方法 ■


さて、ここからが本題。
前述の通り、iTunesStoreで購入した楽曲はDRMという著作権の関係から他フォーマットへ変換することが出来ません。
通常自身が所有しているCDなどからiTunesへ楽曲を取り込む場合は、
「環境設定」⇒「読み込み設定」⇒「読み込み方法」
で変更できますし、一旦取り込んだ楽曲でも、
「変換したい楽曲を右クリック」⇒「○○○バージョンを作成」
で変換することが出来ます。

iTunesStoreで購入した楽曲は固定されたフォーマットでダウンロードされますし、「○○○バージョンを作成」をクリックしてもエラーが出て変換できません。


自分はiTunesに取り込んだ楽曲は全て「Appleロスレス」で取り込んでいますので、購入した楽曲も「Appleロスレス」で管理したく、何かいい方法は無いかと探してみた所発見しました。

この方法で変換を行えば購入した楽曲でも問題なく「Appleロスレス」に変換できますが、だからといってばら撒いたりするのはやめましょう。
iTuneStoreがスタートした時、海賊版や違法ダウンロードが世の中を蔓延っていた状態でもiTunesがここまで発展できたのは、利用者が最低限のルールを守ったからだと思います。

またこの方法は、何かしらのいかがわしいフリーソフトを使うのでは無く、iTunesに備わっている機能のみで行います。



今回変換した楽曲は先日iTunesStoreで購入した Red Hot Chili Peppersの「I'm With You」です。
もともとは『保護されたAACオーディオ』になっています。 

スクリーンショット 2011-11-19 20.35.55



① 『保護されたAACオーディオ』の楽曲で新しいプレイリストを作る

② 作成したプレイリストから音楽CDを作成する(設定は好みで)
   
スクリーンショット 2011-11-19 20.37.51

③ 作成した音楽CDをiTunesに「Appleロスレス」で取り込む
   (この段階でDRMは解除されています)

これだけです。。。。
CDを作成するのに若干の時間は掛かりますが、問題なくコーデックを変換できます。

スクリーンショット 2011-11-19 20.52.28

※曲の長さが2秒増えているのはCD作成時に曲間を2秒にした為と思われます※



**************************************



最近は全てがデジタル化され、去る7月に地上波もデジタルに完全移行されました。
時代の流れと言えばそうなのでしょうが、こういった権利関係が複雑になっているのも事実です。

iPhoneやiPod、iPadなどの素晴らしいデバイスと素晴らしいソフトウェアで楽しいデジタルライフが送れるといいですね。
関連記事

コメント

Re: iTunesStoreで購入した楽曲を別フォーマットに
重複してしまいますので、話題は変えますね。
全部ロスレスだと容量は凄まじいことになりますよね〜。
IPhoneに入れるのは128AACにもできたと思いますが。
Macはロスレス、iPhoneやiPodは256AACが良いのかな〜?
確かにロスレスと256AACでは大きな音の差があるのですが、今更音源もない物も多いのでロスレスにはチェンジできまないのが残念です。
為になる情報ありがとうございました。
  1. 2011/11/19(土) 22:14:13 |
  2. URL |
  3. Hatti #lTvGMYtg
  4. [ 編集 ]
Re: iTunesStoreで購入した楽曲を別フォーマットに
こんにちわ(^O^)

APPLEロスレスにもこうすれば変換できるんですね〜
CDーRでは無くCD-RWを使えばディスクのムダも
ありませんね 購入した曲の変換には以外と使えるかも
しれないですね

それでは(^^)
  1. 2011/11/19(土) 22:21:52 |
  2. URL |
  3. kooozyp #u5fDJfCA
  4. [ 編集 ]
Re: Re: iTunesStoreで購入した楽曲を別フォーマットに
>Hattiさん

こんにちは。
そうですね〜。全部ロスレスだと恐ろしいことになります(^^;)
ただ自分の場合Macにはロスレスバージョンと128AACバージョンが2種類ずつ入っています。

自分は環境的にiPhoneで音楽を聴くという事が少ないので、基本Macで流していてiPhoneにはお気に入りだけ転送しています。
都市部と違って電車などの公共交通機関が発達していないので、移動は車なんですがその際に車中で聴く程度なんです。

仰るように複数のバージョンを用意しておくのがベストだと思いますね。
後はやはり、環境でも随分違いと思います。
ロスレスで取り込んだ音楽をiPhoneの内蔵スピーカーで聴くだけなら違いは分からないでしょうが、それなりの環境で聴くと違いは意外と分かってしまいますね。

ご参考にしていただければ幸いです(^^)
  1. 2011/11/20(日) 09:24:25 |
  2. URL |
  3. 越山若水 #-
  4. [ 編集 ]
Re: Re: iTunesStoreで購入した楽曲を別フォーマットに
>koozypさん

こんにちは。

仰るようにCD-RWを使えばムダは無くなりますね^^
容量は半端なく増えてしまいますが、環境がある程度整っていればAppleロスレスで管理するのもいいと思いますよ。

DRMフリーのものが256AACで配信されている場合もあるみたいなので、チェックしてみてください^^

お試しあれ〜(^^)b
  1. 2011/11/20(日) 09:31:15 |
  2. URL |
  3. 越山若水 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://secondsolution.blog.fc2.com/tb.php/145-b6525fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。