スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac Blu-ray Playerを試す 2011年11月27日 Apple トラックバック:0コメント:5

先日宛名職人Ver18と一緒に購入した『Mac Blu-ray Player』
購入したときはBlu-rayドライブが故障して視聴することは出来なかったのですが、結局その日のうちにポータブルBlu-rayドライブ「I-O DATA BRP-U6XE」を購入しました。

ところがところが・・・・Playerを買いドライブも買って、いつでも視聴できる環境にあったのに、使用したのはリッピングとその再生確認のみ(-_-;)
やることが色々あってちゃんと試せずにいました。

ということで、本日ようやくその実力を少しだけ試すことが出来ました。



スクリーンショット 2011-11-27 19.39





■ 入手方法 ■



Mac Blu-ray Playerは今現在MacのBlu-ray再生ソフトとしては唯一のもの。
Mac自体がBlu-rayに対応していないのですからPlayerが普及するわけがありませんが、映画好きの自分にとっては大変有り難いです。

入手方法は以下の公式HPかダウンロード販売を行っているオンラインショップで。
以前は公式HP(英語)で販売されていただけみたいで、割引価格で販売されていたのですが、タイミングを逃し購入出来ずにいました。
(自分はベクターオンラインショップで購入)


Macgo 公式(英語) $59.95 ⇒ $49.95

Macgo 公式(日本語) ¥5,980 ⇒ ¥3,980

Vector PC SHOP ¥5,980 ⇒ ¥3,980 11/30まで


体験版もダウンロードできるのでお試しでダウンロードしてみるのもいいかもしれません。




■ 動作環境と対応フォーマット ■



・OS X 10.5〜
・Core2Duo 2.4GHz以上
・512MB以上のRAM & 250MB以上の空きストレージ
・Blu-rayドライブ(←当然ですが・・・)

・Blu-ray、DVD、CD
・MOV、MKV、AVI、FLV、WMV、MP4、MPEG、RMVB、MP3、WMA、AAC、AC3




■ 使用してみて ■



まずは購入及びレンタルしたBlu-rayを再生しましたが、こちらは当然何の問題もなし。
使用する方によっては多少の不満はあるのかもしれませんが、どんどん熟成されていくでしょう。


次に先日紹介した『MakeMKV beta』にてリッピングしたMKVファイルを再生。
Player起動後に出てくる「ファイルを開く」から保存してあるMKVファイルを選択すれば、こちらも問題なく再生できました。
ただ、通常の操作を受け付けない部分もあるみたいなので、若干の使いにくさはありました。


最後に、以前Windows環境で作成(リッピング&ライティング)したBD-R。
どちらに原因があるのかは分かりませんが、一応再生は出来るものの快適に視聴できる状態ではありませんでした。

また、Blu-rayを丸ごとリッピングして作成される「BDMV」などのフォルダ形式には対応していないようです。
「MakeMKV beta」でリッピングをしてMac内に保存、「Mac Blu-ray Player」で再生する場合はMKV形式でリッピングしましょう。
(メディアに書き出す場合は丸ごとバックアップしないといけないので、2度手間になるかもしれません)




■ 最後に ■



この「Mac Blu-ray Player」の痒い所に手が届くと言うか、便利だなぁと思った機能をご紹介。


スナップショットが撮れる

スクリーンショット 2011-11-27 19.40.20


字幕表示の設定が変更できる

スクリーンショット 2011-11-27 19.40.35




Blu-rayの再生などを出来る環境を別に持っている方はどれほど必要なソフトではないかもしれませんが、MacでBlu-rayが観たい!という方にはオススメ出来るソフトだと思います。

別途ドライブの購入をしなければいけませんが、最近は¥15,000も出せばお釣りがくるくらいの価格になっていますし、プレイヤーも今なら割引価格で購入出来るので、Blu-ray環境を導入しやすくなっています。

自分のようにタイミングを逃さないように、興味のある方はお早めに!!!
スポンサーサイト
 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。