スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LaunchpadとDock 2011年09月13日 Apple トラックバック:0コメント:2

どうもこんばんは。
カーネルパニックに悩まされ続けてる越山若水です。

カーネルパニックに関しては今のところAppleからかの回答は無いようです。
今日試したことは怪しいと思われる「VirusBarrier X6」のアンインストール。
(スキャンのスケジュールを解除しただけではダメでした)
あまり期待はしていませんが、うまくいってくれるといいですね。



さて今日はLaunchpadとDockのお話。


DockはMacユーザーの方ならお馴染みの ↓↓↓コレ↓↓↓

スクリーンショット 2011-09-13 19.41.17


LaunchpadはそのDockにある ↓↓↓このアイコン↓↓↓

Launchpad_Launchpad.jpg


アイコンをクリックすると ↓↓↓こうなります↓↓↓

スクリーンショット 2011-09-13 19.52


このLaunchpadはOS X Lionで追加された新機能で、iPhoneやiPadなどのiOS風にアプリを
管理できる優れものです。
MacユーザーでしかもOSをLionで使っていらっしゃる方は、このLaunchpadとDockの2つ、
主にどちらでアプリを管理され使用していますでしょうか?
両方という方もいらっしゃるでしょうね。
もちろん自分も両方なのですが割合で言えば、Launchpad:Dockが2:8か3:7くらいです。

なぜLaunchpadの使用割合がそこまで少ないのかと言うと、それは入力デバイスがマウス
だからです。


マウスを使用してLaunchpadからアプリを起動する場合、

①DockにあるLaunchpadのアイコンをクリック
     ↓↓↓↓↓
②Launchpadでアプリのアイコンをクリック

という2段階の手間になります。


Dockにアプリのアイコンを置いておけば1クリックでアプリが起動できます。
この僅かな差が意外と効率の良さに繋がるのですが、トラックパッドを使用されている方は
逆かもしれませんね。
もちろんフリーウェアなどを使用してマウスの機能をカスタマイズすれば効率はUPするでしょう。


皆さんは250以上とも言われているOS X Lionの新機能の内、どれくらいを常用されていますか??

スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。