スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATOK 2013は本日発売! 2013年06月28日 Software トラックバック:0コメント:0

PC/Mac用の日本語変換ソフト ATOK の2013年バージョンである【ATOK 2013】が本日発売になりました。
勿論Mac版のATOK 2013もリリースされています。


ATOK.com - 日本語入力システム「ATOK(エイトック)」や日本語に関する情報のサイト




2013年バージョンの新機能は以下の通りです。

ミスの自動修正
スクリーンショット 2013-06-28 19.43.42

最新用語の収録
スクリーンショット 2013-06-28 19.43.55

クラウド機能の強化
スクリーンショット 2013-06-28 19.44.07

デジタル大辞泉の追加(プレミアム)
スクリーンショット 2013-06-28 19.44.25


2013バージョンをお得に購入出来る『ダウンロード版 早割5%OFF』キャンペーンは7/16 10時までです。
購入予定の方はお得に購入出来る間に購入するのがいいですね。


以前アップした記事 『ATOK購入は早めがおトク』 でも書きましたが、ATOKのようなソフトウェアはどうしても必要なものではありません。

Apple純正の「ことえり」も精度は高くなってきていますし、「Google日本語入力」のような無料のものもあります。


しかしながら我々のようなブロガーをはじめとして文章の入力作業を頻繁に行う方にとっては、無くてはならないソフトウェアです。
中途半端に長い文章を打ち込んで一発で変換できたときの気持ちよさは何とも言えません(^^;)

2011年バージョンや2012年バージョンを使用している方は無理にアップデートする必要はないかもしれませんが、何故か自分は毎年アップデートしています。
体のどこかにその便利さが染みついているのかもしれません。



縁の下を支えてくれる便利なソフトウェアは、その便利さや快適さに気がつきにくく、実感するのに時間が必要だったりします。
堂々とは主張せず、でもしっかり影で働いてくれる、そんなソフトウェアはとても重宝します。

皆さんも快適なMacライフを!



スポンサーサイト

ATOK購入は早めがおトク 2013年06月13日 Software トラックバック:0コメント:0

世の中には「縁の下の力持ち」のような便利なソフトウェアが沢山あります。
Macで言えば【1Password】【PopClip】などがそれに当たると思います。

1Password App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥2,200

PopClip App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥450


無くても支障のないものですが、普段から活用している人にとってこれらのソフトウェアやアプリケーションが無くなると、1つ1つの作業が非常にストレスが溜まってしまう程です。

そんな無くても支障は無いけれど、あればもの凄く「縁の下の力持ち」的なソフトウェアの筆頭が、【漢字変換ソフトウェア】だと思います。


最近はApple純正のことえりも随分と優秀になってきましたし、Google日本語入力のように無料で比較的優秀なものもあります。
しかしながら今やMac用の漢字変換ソフトウェアとと言えば【ATOK】でしょう。
最近のATOKはMacやWindows用だけではなく、スマートフォン用なども手掛けていて着実にシェアを拡大しています。

スクリーンショット 2013-06-13 18.33.08


ATOKは毎年ニューバージョンをリリースしていますが、今年もニューバージョンの【ATOK2013】をリリースします。
発売日は6月28日ですが、現在直営ショップである Just my shop では早割特価で予約が出来ます。

ATOK.com - 日本語入力システム「ATOK(エイトック)」や日本語に関する情報のサイト




前述のように無くても支障の無いソフトウェアですが、この便利さは利用している人にしか分かりません。
もちろん毎年購入する必要はありませんが、どうせ購入するなら安く購入出来る今がチャンスですね。
ATOKユーザーの自分も早速予約購入したいと思います!

そう言えばこんなチラシもポストに入ってました(^^;)

IMG_1013.jpg




パッケージ版とダウンロード版 2012年08月05日 Software トラックバック:0コメント:0

ここ数年、一般のユーザーが手に入れることが出来るコンピュータはとても安価で高機能になってきています。
ただいくら高機能だと言っても購入した全ての人にとって購入したままの状態のコンピュータが最も使いやすい状態ではありません。
使う人、一人一人がコンピュータに求めるものが違いますし、使用用途も様々です。

購入してすぐのコンピュータは最も動作が軽快で、色々なものに対してのキャパシティも広いですが、購入後にユーザー自身が自身の用途などにあわせて各種ツールやソフトウェアをインストールする事でその人に合ったコンピュータができあがると思います。


そういった中で今回は「ソフトウェア」に焦点を絞ったお話を。
取り分け入手方法について。




*****




現在コンピュータ用のソフトウェアは「パッケージ版」「ダウンロード版」の2種類の販売方法が取られています。

一昔前はダウンロード販売は極めて少なく、パッケージ版のソフトウェアを購入してインストールするというのが主流だったように思います。

最近はゲーム用のソフトもダウンロード版が販売されていますし、ゲームソフトメーカーも含めソフトウェアメーカーはダウンロード販売にウェイトを置いているのかもしれません。





パッケージ版のメリットとデメリット



■ メリット ■

・再インストールが容易
・パッケージ版のみの特典が付いている場合がある
・DVDやUSBメモリなどが付属しているので購入したという気になれる
 (USBメモリなら他の用途に流用できる場合がある)


■ デメリット ■

・ダウンロード版よりも高めの価格設定
・最新版(アップデートなど)でない場合がある
・ネットショップ等で購入した場合、届くまでに時間が掛かる
・ゴミが増える



ダウンロード版のメリットとデメリット



■ メリット ■

・パッケージ版よりも安めの価格設定
・最新版が入手出来る
・購入、決済完了後すぐにインストール出来る
 (場合によっては多少時間が掛かる)


■ デメリット ■

・再インストールがやや面倒
 (プロダクトキーや送付されてきたメールをしっかり保存しなければいけない)
・再ダウンロード回数などに制限がある場合がある
・ネットショップに会員登録しないといけない場合がある
 (メルマガなどが鬱陶しい)



主なソフトウェアのパッケージ版とダウンロード版の価格の違い



【ATOK】 ジャストマイショップ

■ ATOK 2012 for Mac ベーシック版 ■

パッケージ版:¥9,277
ダウンロード版:¥6,783
差額:¥2,494


■ ATOK 2012 for Mac プレミアム版 ■

パッケージ版:¥13,067
ダウンロード版:¥9,975
差額:¥3,092



【VMware Fusion4】 act2

パッケージ版:¥4,900
ダウンロード版:¥4,900
差額:¥0



【Parallels Desktop 7 for Mac】 ラクネシーオンライン

パッケージ版:¥11,500
ダウンロード版:¥8,500
差額:¥3,000



【VirusBarrier X6】 act2

パッケージ版:¥8,980
ダウンロード版:¥6,980
差額:¥2,000



【Kaspersky】 Kasperskyストア

■ アンチウィルス 200 for Mac 1年1台版■

パッケージ版:¥5,786
ダウンロード版:¥4,400
差額:¥1,386



【Photoshop Elements 10】 Adobeストア

パッケージ版:¥14,490
ダウンロード版:¥13,800
差額:¥690




*****




価格だけで見れば当然ダウンロード版の方が安価です。
価格以外の部分でメリットやデメリットを感じる方もいらっしゃるでしょうし、どちらが良いのかを判断するのは難しいです。

パッケージ版であってもダウンロード版であってもソフトウェア自体に違いはないので、使用する方や購入する方の考え方でどちらがその人にとって最善かは意見が分かれるでしょう。


頻繁にコンピュータを新調しない、比較的多くのソフトウェアをインストールするという方はダウンロード版の方がお得かもしれませんし、逆の場合はパッケージ版の方がお得かもしれません。(価格的に)

個人的には両者にそれ程価格差がないのであればパッケージ版を購入するようにしていますが、価格差が大きい場合は悩んでしまいます。

『Time is Money』

パッケージ版よりも安くて直ぐに手に入るのであれば、ダウンロード版を購入して1日でも多くそのソフトウェアに慣れ親しむというのも1つの考え方かもしれませんね。

MakeMKV betaの試用期限を延長 2011年12月18日 Software トラックバック:0コメント:0

MacでBDリッピングが出来るフリーソフト『MakeMKV beta』
以前BDドライブを購入した際にダウンロードをしたのですが、約1ヶ月間活用をしてきました。

製品名から分かるとおり現在β版で、最初にダウンロードしてから30日間の試用期間があります。
ただし、β版の間は公開されている「Current Key」を登録することで一定期間の試用延長が可能になります。
最初にダウンロードしてからどろどろ30日が経過するので今回は早めに更新することにしました。


MakeMKV_MakeMKV のコピー

『MakeMKV』のダウンロードは コチラ



■ 試用期間の延長方法 ■


① 下のリンクからMakeMKV support forumのページへ
http://www.makemkv.com/forum2/index.php?sid=afbc893afb9f758b0c852f3f5ab99e60

② 以下の順序でクリックして先に進む
「MakeMKV」
  ↓
「News and Announcements」
  ↓
「MakeMKV is free while in beta」
  
③ The current beta key isの下に表示されている「CODE」をコピー

④ MakeMKV betaを起動

⑤ メニューバーの「ヘルプ」から「公認」をクリック

スクリーンショット 2011-12-18 14.16.10

⑥ 「CODE」をペースト

スクリーンショット 2011-12-18 14.16.28

スクリーンショット 2011-12-18 14.15.46



以上で終わりです。

過去の更新情報を見てみると試用期間延長のコードは、その試用期限の2ヶ月ほど前にアップされているようです。
今回自分が更新に試用したコード(最新のコード)は試用期限が2011/12末までのものなのですが、今のところそれより先に期限が設定してあるコードはアップされていないみたいです。

もしかすると近いうちにβ版が終了し製品版(フリーかシェアかは不明)がリリースされるかもしれません。
現在Mac用のBDリッピングソフトは事実上2製品しかなく、フリーなのはこの「MakeMKV beta」のみです。
興味のある方はお早めにダウンロードを。

Macのサウンドをカスタマイズ出来る「Hear」を試す 2011年12月08日 Software トラックバック:0コメント:2

『Appleが変えたボクの生活』はちとお休み(^^;)


Macのサウンドを手軽にカスタマイズ出来るソフトウェア『Hear』を試しました。
現在 iGeek inc からダウンロードできるバージョンはLionには対応しておらず、Snow Leopardまでの対応のようです。

30日間の体験版もダウンロードできますが、製品版はダウンロード版で¥3,150。
(パッケージ版は¥5,250)
とは言っても自分の環境はOS X Lionなのでこのままではダウンロードできません。

とても便利そうなソフトなので何とか使えない物かと探してみたら、海外の joe SOFT という所からOS X Lion対応版のものが購入出来ました。
(ちなみにiGeek incから体験版をダウンロードしてみましたが、エラーが出ました)

しかも価格は$19.99
ソフト内の表記も全て英語ですが、使用上特に問題はありませんでした。


スクリーンショット 2011-12-08 15.22.05

スクリーンショット 2011-12-08 17.51.40


イコライザーをマニュアルで調整して自分好みの音にする事も出来ますが、この『Hear』の魅力はなんと言ってもプリセットの多さだと思います。
その上iTunesだけでなくアプリ単位でカスタマイズ出来ますし、動画再生ソフトなどでもカスタマイズ出来ます。
Macに接続した2chのステレオスピーカーで映画鑑賞したりするのは少々物足りない感じもありますが、『Hear』を使えば擬似サラウンド化出来るのでより楽しめます。

プリセットをいくつか試してみましたが、個人的にはマニュアル設定をオススメします。
どのプリセットも一様にあまり抜けが良くなく、3D Surroundのチェックを入れると設定によっては酔ってしまうような感じで気持ち悪くなってしまいました。


興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

joe SOFT」からも体験版がダウンロードできます。

上記リンクからjoe Softへ行き、右側の「DEMO」をクリック。
『Hear』の右側にある▼をクリック。
Mac Download available here部分のURLをクリックでダウンロード。


iGeek incのサポート欄には「USB接続されたスピーカーでは使用できない」とあるので、お試しになる場合はそれ以外の接続方法で。
※Lion対応版のバージョン1.1もUSB接続スピーカーが未対応かどうかは検証していません※

Hear自体がLionに対応したのが最近のようなので、近いうちに日本語版もLion対応になると思われます。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。