スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOOTCAMP環境下でやりたかった事 2011年10月23日 Windows Software トラックバック:0コメント:0

昨日のエントリにて「仮想化環境」から「BOOTCAMP環境」変更したことは書きました。
その理由の1つは来週には到着するであろうMac mini Serverを接続するためにThunderbolt Displayを使用することから、iMac27inchのデュアルディスプレイ環境をやめたこと。

もう1つの理由はあるゲームをプレイしたかったこと。
そのゲームとは F1 2011 PC版

IMG_0094_20111023220922.jpg


前作のF1 2010もプレイしていたのですが残念ながらWindowsでしかプレイできません。
以前購入したXBOX360の紺とローターも使えますし、F1好きにはもってこいのゲームです。

PS3版やXBOX360版も発売されていますので、どれらのハードをお持ちで興味のある方はプレイされてみてはいかがでしょうか。




スポンサーサイト

仮想環境でCrystal Disk Markを試す 2011年09月07日 Windows Software トラックバック:0コメント:0

先日Parallels Desktop 6 for MacでWindows7を導入したのですが、Windowsを導入したら
試してみたいことが1つありました。
それは、Windowsでしか動作しないベンチマークソフトを試すこと。

今回はその中でもストレージの速度を計測する『CrystalDiskMark』を試したいと思います。
iMacにSSDを増設した際、Mac用のベンチマークソフト『Xbench』で計測しましたが、思っていた
とおりの結果が得られなかったので、今回の計測とどれほど差があるか見てみたいと思います。



******************************
 スペック及び環境
******************************


【iMac(Mid2011) 】
2.7GHz Quad-Core Core i5
256GB SSD
16GB メモリ

Crucial RealSSD C300シリーズ SATA6(ファームウェア>00007 Trimサポート>ON)
 メーカー公称値 Sequential Write>215MB/s Sequential Read>355MB/s

仮想化ソフト「Parallels Desktop 6 for Mac」を使用しての「Windows 7」環境下
使用ベンチマークソフト「Crystal Disk Mark 3.0.1」


******************************
 『Xbench』での結果(2011/08/16)
******************************


【Sequential Write】

252.89 MB/s [4K]
210.16 MB/s [256K]
 
【Sequential Read】

48.36 MB/s [4K]
263.48 MB/s [256K]

【Random Write】

198.21 MB/s [4K]
223.85 MB/s [256K]

【Random Read】

24.55 MB/s [4K]
250.38 MB/s [256K]


******************************
 『Crystal Disk Mark』での結果
******************************

【Sequential Write】

304.7 MB/s

【Sequential Read】

2884 MB/s

【Random Write】

32.04 MB/s [4K]
319.4 MB/s [512K]

【Random Read】

46.27 MB/s [4K]
2337 MB/s [512K]


スクリーンショット 2011-09-07 20.19.22


2000とかどういう事!?!?!?!?
ん〜よく分かりません・・・・・

Write に関しては Sequential で300MB/sを超えていますが、公称値よりもかなりオーバーしてますし、
いったいどういう事なのでしょうか。

仮想環境ではベンチマークソフトは上手く実行できないのでしょうか・・・
少し調べてまた挑戦したいと思います。
一度システムドライブの割当量を変更して試してみます。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。